言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「【ネタ】H×H、NARUTO、巣作りドラゴン【色々】」のぷちレビュー


 HP:Arcadia
 場所:【ネタ】H×H、NARUTO、巣作りドラゴン【色々】
 原作:いろいろ
 作者:モーリリン 様

 こちらは作者様が書き溜めていたのを3作品まとめて投下されたみたいで、連載はさほど期待できなかったりします。
 ですけど、設定などがだいぶ面白く、今ある分でも十分楽しめるのでご紹介させていただきますねー。

 3作品共通して、異世界の世界に美少女としてTS転生(原作知識持ち)だったりします。


 ハンターハンターは、自殺したらハンターワールドの一般人のところに生まれ変わったというもの。幼少のときから念を使えたので、天空闘技場にいったり原作主人公たちと同じときにハンター試験を受けにいったりしています。けっこうの強さに育ってまして、ヒソカとの試合などの戦闘シーンはとても盛り上がって燃えましたよー。まぁ、そこまでで止まっていますけど。

 ナルトのほうはうちはに転生、しかもサスケの双子で、写輪眼に小さいときから開眼していてイタチの起こした事件のときにも生き残り、影分身チートで修行して実力をつけていくっていうまぁありがちなものですね。だけど、ガイに師事して影響受けていたりとちょっとずつテンプレと違っていてユニークなので読んでいて楽しかったですよー。
 中忍試験の本選トーナメントまでの修行期間あたりで止まってますね。

 巣ドラは、両親のダンジョンを借りて楽しんでいるみたいです。


 基本的に主人公は強めの存在になる傾向はあるみたいですけどそのうえでのストーリー作りができているので、オリ主最強もの特有のつまんなさは感じませんでした。
 まぁそれでもこういうTS転生強キャラ原作知識持ちは好き嫌いがわかれると思いますので、興味をもたれたかたがいられましたらよろしければ読みにいってみてくださいなー♪





 

  



「オールド・オスマンの息子」のぷちレビュー


 HP:Arcadia
 場所:オールド・オスマンの息子
 原作:ゼロの使い魔
 作者:lily 様

 いやー、なにげなく読んでみたら予想以上の良作でした! 話数を重ねていったら間違いなく名作になってくれそうな文章力があります。

 かつてオスマンの討伐した吸血鬼はとある人間の女の相思相愛で。
 しかもなんと女性の胎には子供まで――死に際に愛を語られたオスマンはその女性が静かに暮らせるところを手配するものの、難産の末に亡くなってしまいます。
 残ったのは人間と吸血鬼のハーフな赤子のみ……オスマンはその正体を本人にも教えずに養子として引き取り、愛情を注ぎながら育てていきます。

 で、その主人公は日の光をやや苦手とするけど、図書館にこもることを好む水系統メイジとして育って行ったのでした。
 住んでいるところはトリステイン魔法学院なのでルイズと同い年ながら学生時代のエレオノールと知り合い、長期休暇にはヴァリエール家に招かれるほどの親交を深めます。
 そして、ヴァリエール家に出会ったカトレアに一目ぼれしてしまって……。


 魔法の腕前は特別チートなものではないけど魔法薬学に詳しいという個性があって、キュルケやタバサとの接し方なども好みで、あっというまに読んでしまいました!
 ゼロ魔の作品としてはかなりのお勧めですので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪





 

  



「ゲート ZERO」のぷちレビュー


 HP:Arcadia
 場所:ゲート ZERO
 原作:『ゼロの使い魔』×『ゲート 自衛隊彼の地にて斯く戦えり』
 作者:フェイリーン 様

 ゼロ魔の才人が領地を得たころに、自衛隊彼の地にて斯く戦えりの日本と繋がるゲートができてしまったというクロスものです。
 ゲートはゼロ魔の世界扉のように人為的なものではなく突如として発生して、ゼロ魔側は地球のほうから接触してくるまでまったく気づいてませんでした。
 そのゲートは縦150メートル、横200メートルと巨大で自由に出入りできるみたいです。

 自衛隊のほうはネットに公開されていたときに読んだっきりで忘れてしまっている部分が多かったですけど、水精霊騎士隊との交渉など面白かったですよー。帝国との交渉のノリでワイロ責めしようとしたら、貴族としてのプライドがあるたるゼロ魔組に拒絶されたりとか。ギーシュが有能に描かれているのがよかったです。グラモン家の教育によってそういうワイロは受け取らないあたり、貧乏とはいえ、軍の一大勢力を築き上げていることに納得がいきました。
 才人の領地に石油がいっぱいあったりとこれから地球とどう交流していくことになるのか楽しみです。
 更新ペースはそんなにはやくないほうなのですけど、興味を持たれたかたはよろしければ読みにいってみてくださいなー♪





 

  









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。