言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「忍びの里の“白昼夢”」のレビュー


 HP:Arcadia
 場所:忍びの里の“白昼夢”
 原作:NARUTO
 作者:daydream 様

 ジャンル:オリキャラ・原作前・再構成・オリジナルストーリー・ミステリー・サスケ改変



あらすじ:
 うちはイタチによってうちは虐殺事件は引き起こされた。
 唯一の生き残りは実行犯のイタチとそのイタチの弟たるうちはサスケのみ。
 だが。
 木ノ葉にはぬぐいきれない疑惑が残っていた。

 ――サスケとはいったい何者なのか?


 本来ありえるはずのない疑問の裏には世間には広まることのなかった「もうひとつの三忍」の暗躍があって!?
 謎が謎を呼び、歯車は狂いに狂ったミステリー仕立ての忍法伝がArcadiaで連載開始!









序盤の登場人物:

・真白フルト(“白昼夢”の"白"を名に冠する男)
 過去に虐殺された真白一族の最後の一人。
 外観は少年のようにしか見えないが“白昼夢”のリーダー的存在。
 大蛇丸と接点を持つ。

・昼凪クルム(“白昼夢”の"昼"を名に冠する男)
 栗鼠の一族と口寄せ契約を交わしている。
 自来也と接点を持つ。

・静夢オボエ(“白昼夢”の"夢"を名に冠する女)
 特殊すぎる幻術を扱うクノイチ。
 綱手と接点を持つ。




メモ:
 連載したての作品をご紹介するのはどうかと思ったのですが、文章力がはんぱなかったのでレビューさせていただきました。言葉の一つ一つ、文章の一行一行が練り上げられている凄まじい技量の上に作られている作品です。

 原作前、うちはの虐殺事件の直後のエピソードしかまだ語られていないのですが、とんでもない改変が加えられています。うちはサスケがなんだかとっても主人公っぽい性格に――! というのは冗談として、伝説の三忍の自来也・大蛇丸・綱手とは別のもう一つの木ノ葉の三忍“白昼夢”が関わったことで、かなりの混乱が引き起こされています。伝説の三忍のほうもかなり振り回されていて。

 いや、伝説の三忍と同世代のオリキャラって初めてなんじゃないでしょうか。かなり珍しい気がします。そのうちのハリーポッターの親世代みたいに三忍世代が流行るかな? なんてことを思わせてくれる画期的な作風になっていますね。

 ほんとうに言葉に"力がある"作品でして、たった一行の発言ですべてがひっくり返ってしまうようなそんな油断のならないところがあります。こんなのは「ヴァンパイア十字界」以来じゃないでしょうか。いや、二次創作にするにはとてつもなく難易度の高い「ヴァンパイア十字界」ですけどこの人にならできるんじゃないかって思わせてくれる期待の作者です。
 ぜひ、この新連載は追っかけてみてくださいな♪




注意事項:
 2010/01の後半に連載開始したばかりの作品のため話数はそれほどありません。
 ライトノベルといった感じじゃなく、すっきりとした痛快アクションを期待していくと裏切られます。
 また、サスケは原作通りの性格になるとは思えません。
 オリキャラが複数登場しております。

 上記のことをご了承したうえでお読みにいくようしてください。







関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/92-6e66d6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。