言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「迷宮の王をめざして 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:迷宮の王をめざして
 原作:オリジナル
 作者:健康な人 様

 ダンジョンにある冒険者の遺体を漁ることで暮らしていたおっさんがうっかりと死んでしまったことをきっかけに、特異な異能を目覚めさせ、脅威の悪霊として蘇るというお話です。その異能とは触れたものからごっそりと魔力などを奪うというもので、敵が剣で斬りかかってきたら一瞬で剣を塵としてしまい、悪霊としては本来弱点となる光属性の攻撃すらただのエネルギーとして吸収してしまうほど。ただ存在しているだけでどんどんパワーアップしていき、やがてはドラゴンすら乱獲できるようになっていきます。

 が、その脅威度とは裏腹に主人公は生前そんなに教養なかったこととアンデッド化したことで思考が単純になったせいか、行き当たりばったりで行動しちゃっているのが面白いですねー。作者さんはどうも人物設定を読むかぎりいろいろと設定しているみたいなのですけど、主人公はほとんどろくに把握していません。主人公視点の話だけだと情報量が足りなくてどうなっているのかわからないところがあり、別の人物視点の話がくることでようやくどうなっているのかわかるようになっているのがユニークです。この主人公の低能さが唯一の人類の希望ではないでしょうか。

 主人公は、封印されていた衰弱死寸前まで弱っていた水竜や鎧に宿る怨霊などを仲間に各地のダンジョンを巡り、そこの迷宮核を回収、そのうち自分のためのダンジョンを作ろうと思っています。しかし、怨霊の巣窟になっていた死者の都を支配して、アンデッドの配下を残して旅に出ていたらその配下が勝手に人類や鬼族に戦争ふっかけてしまったことで完全な敵対関係になってしまったのでこれから一気に物語が加速していきそうなのが楽しみです。皆さんもぜひ読みにいっみてくださいな♪

 なお、迷宮攻略は主人公たちがあまりに強いためさらっと流されてますので期待しませんように。


関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/886-d9dbdd52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。