言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「すてぃぐま・すぷらっく 」のレビュー


 HP:登山道~この先じごくの一丁目!?~(仮)
 場所:「SSのお部屋」→「投稿作品」→「JING様のお部屋」
 原作:風の聖痕
 作者:JING 様

 ジャンル:第一巻再構成・コメディ・和麻×綾乃・人生の墓場・色ボケ



あらすじ:
 運命とはときに星によって示されることがある。
 吉兆か凶兆かを判断するためにいったい何人の人が夜空を見上げてきたのだろうか。

 これは、ifの物語。とある脇役が星によって退場した場合のストーリー。

 大神雅人がフリーになった二十年後に、神凪の存亡をかけた大事件は発生し、炎の御子は風の使い手と出会った!









メモ:
 知っている人は知っているJING様が某所のチャット(実はどこのチャットなのかは知りません)で公開されていたのを、紫苑様がサイトで公開する許可をもらってきたという経緯の末、掲載されている作品です。

 和麻×綾乃とが家柄のしがらみなく出会っていたら……という展開なのですけど、それが原作第一巻の神凪滅亡の危機の真っ最中に同時進行しているのが笑えます。和麻の出身のことを考えると綾乃の火の気配に魅せられるのはわかりますが、もうちょっと清いお付き合いできなかったのかと問い詰めたくなります。

 びっくりしたのは特別アンチというわけじゃないのにとある原作キャラが死んでしまったことですね。いや、原作をみていくかぎり、ああなってしまって殺されるのもうなづける戦力比なのですけど予想外すぎました。まったく死亡フラグは立っていなかったので。

 けっこう神凪は洒落にならない情況に陥っているのにそれがコメディに昇華されている作品です。キャサリン来日編の外伝はもう完璧にギャグになっていて、どっちかというと神凪家の後日談的な話になっています。二次創作のアンチ神凪に胸焼けしていましたら口直しにご覧なってくださいな。







関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/88-3e18af0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。