言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:星をひとつ貰っちゃったので、なんとかやってみる
 原作:オリジナル
 作者:もぎ すず (旧suzu) 様

 とにかく豪運の主人公。超天才児のみが受かると想定されている超難関な一芸入試のある二前大学に、自分は幸運だ、という申告とテストだけで受かってしまったほどの彼はその幸運に胡坐をかいてまともに就職活動していなかったので、どこかにも受かることなく、実家にかえって畑を分けてもらって働くことになるのですけど……その畑を見に行くとなんとそこには宇宙船が! さらには、そこで知り合った宇宙人の探し求めていたものをたまたま主人公は持っていて、それと交換ということで星ひとつをもらってしまいます。
 で、そんな星をもらっても困ってしまう主人公は二前大学の同期を呼び寄せ、一緒に星を開発していくことになっていきます。

 いやー、呼び寄せた元クラスメイトもチート級の才能の持ち主ですけど、主人公の運の良さはそれを超える超チートです。
 宇宙規模のトラブルに巻き込まれていくのですけど最後は運で解決しちゃってます。
 偶然いいことが起きるのではなくもはや必然というか、なにかが主人公を操っているといいますか。
 その運に対する考察も作中でされてますけどなんかすごいですよー。

 宇宙人や地球側の国家の動きはなんというかはなからリアルティを求めているわけではなく物語として割り切ったものなので、逆に、作品として面白く仕上がってますね。すでに完結済みの長編ですので、皆さんよろしければぜひ読みにいってみてくださいな♪ けっこう何話もまえの行動が幸運の伏線になっているのがユニークですよー。


関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/875-ee13f10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。