言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「午後の恋人たち」のレビュー


 HP:空下堂書店
 原作:オリジナル
 作者:空下樫樹 様

 ジャンル:現代・ラブコメ・学生・青春・不良とお嬢様・ボルシチ・エロ本・完結



あらすじ:
 ある日、無謀にも喧嘩を止めにはいったお嬢様をかばい、昭博はナイフに刺されてしまった。昭博は怪我を心配するお嬢様に押し負けて、一緒に病院へ訪れ、そのまま自宅まで送られることになって。
 それが二人の馴れ初めであった。
 不良? とお嬢様という王道カップルにはたして二人はなれるのか?

 怪我が治るまでの一週間に巻き起こる青春ストーリー!









序盤の登場人物:

・手塚昭博(三流高校の二年生)
 特殊警棒と保険証を持ち歩く事情持ちの男子高校生。
 両親は家族旅行中。

・深澄音玲奈(名門高校の三年生)
 紅茶を淹れることすらできない天然お嬢様。
 おとなしいのに押しが強い。

・宍戸医師
 昭博の怪我を看た医者。深澄音のご両親から留守中の玲奈を任されている。
 性格はひねくれているところがある。




メモ:
 不良とお嬢様というのはよくあるカップリングなのですけど王道には王道の良さがありますよね。目新しい展開はありませんが安心して読んでいくことができます。二人の初々しいやりとりはやっぱり一見の価値はありますね。

 昭博はクールというか大人びている性格をしているんですけど、玲奈には形無しになるところでグンっと人柄を好きになりました。自分の部屋に異性を入れるということを自覚した瞬間のキョドってるところなんて最高でした。

 後半に昭博の家庭の事情が明かされるとこなど少女コミックみたいですけど、必要以上にダークになることはないので、全体的にはほのぼのと読んでいくことができます。またこのシリーズには別主人公の同世界観の続編があるのでぜひそちらも読んでみてくださいな。こちらのサイトには他にもファンタジーや同人誌即売会をネタにした現代ものがあり、退屈しません。




注意事項:
 サイトのほうは2007年を最後に更新停止しています。
 作者様とのネタ切れとのことで新作がてきなら再開するとのことです。







関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/87-07373dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。