言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「ロザリアンの庭」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:ロザリアンの庭
 原作:オリジナル
 作者:まや子 様

 親族はみんな通っているという高校に進学した女性主人公のシズカは校舎を訪れたとき、そこは前世の記憶にある乙女ゲーの舞台だと気づきます。
 実際にプレイしたことはなかったので気づかなかったけど自分は脇役キャラだったと自覚したシズカはそれをそのまま受け入れ、とくに行動を起こすことなく、自分の趣味の園芸を学校の薔薇園でやっていくのですけど、原作主人公のミユウと友達になったことで攻略対象のイケメンたちとも関わることがあって……彼女のふつうとはちょっと違う学園生活はどうなっていってしまうのでしょうか?

 乙女ゲームの世界に脇役ポジで転生してしまうお話はこれまでにいくつか読んできましたけど、この作品はかなり独特ですねー。
 原作主人公のミユウもまた原作のことをちょっとだけ知っている転生者で、シズカやもう一人の友達を引き立て役キャラだと思っていて、イケメンたちとの逆ハーレムをたくらんでいてつねにどう攻略するか計算して動いているいやなやつで、けっこうやばいことまでするわりと基地の入っている人物なんですけど……単純に悪役かっていうとそういうわけじゃないのが複雑です。
 シズカの困っていることがあれば助けてくれて、別にいやがらせしてくるわけじゃないですからねー。
 そして、逆ハーレムという目的は不純ですけどそのためにすっごく努力しているのでここまでくると逆に尊敬してきちゃいます。料理の腕を磨いて、いくら手間がかかってもオシャレに気を浸かって、攻略対象と話を合わせるためにいろんな分野の勉強を一夜漬けどころではなく幼少のころから習慣レベルになるほどにしてきたという、性格以外のスペックはパーフェクトなんですよ。
 対して、攻略対象の男子側も一癖もふた癖もあって、生徒会長の後継者争いをしていたり、ミユウに攻略されたかと思ったらそれぞれの事情でそれっぽく見せていたり。
 こういう話ではテンプレの、イケメンたちと親しくなったことでシズカを呼び出す親衛隊の先輩なんていう脇役までただの嫉妬ではなく……

 なんというか、乙女ゲームへの転生ものという作品ではテンプレートな登場人物たちなんですけど、テンプレ行動しているわりにはその行動は各人の行動方針にそったものという、奥深さのある人たちばっかなんですよねー。こいつは傲慢、こいつはツンデレといった性格を記号で考えることのできない人たちによる人間関係は複雑なのでついつい読んでて惹きこまれてしまいます。

 この作品には、主人公がモテモテになるとかの単純明快な爽快感はありませんけど、登場人物の人柄を読み解いていくだけで楽しめますので興味を持たれましたらぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/867-5fd535db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。