言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



「やる夫達の値段」のレビュー


 タイトル:やる夫達の値段
 ジャンル:中世・男子減少・男女の役割反転・姉妹型一夫多妻制

 原作:ようこそ女たちの王国へ

 この世界では、中世くらいの文化なのですけどどうやら男子の出生率がかなり低い世界観みたいです。
 そのために男子は箱入り娘のように大切に扱われているのですけど、社会的身分は低く、法的には家族の財産として扱われてしまっているような独特な社会形態になっています。婿入りのときには引き換えに膨大な財産を貰うか、婿同士を交換するという形式になってまして。つまり、男には結婚相手を選ぶ権利はなく、売られるかトレードされてしまうわけです。
 そういう社会観の中、少々『おてんば』なやる夫とその周辺のお話になっています。

 男子修道院とか、ローゼン家とか、王家とかの動きは見ていて面白いですよー。
 ちょうどやる夫の世代の男子が事故や病気でちょっとずつ減っていき、貴族の結婚相手としてのやる夫の価値がどんどん上がっていっていくことにワクワクしました。ただその分、ようやく身内じゃない外部の女性とダンスしたあたりで更新停止してしまっているのが残念ですね。しかしまぁ、原作読みたいと思ったほど面白い作品ですのでよろしければぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/850-0725f504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad