言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「ダンジョン発掘物語 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:ダンジョン発掘物語 
 原作:オリジナル
 作者:Y.A 様

 全世界から資源のほとんどが消えてしまった!
 そして、同時に出現するダンジョン――そこのモンスターのドロップアイテムには様々な資源があって、という一風変わった現代ものです。
 主人公は宇宙人と接触したことでほぼ専用のダンジョンを内密に入手していて、嫁候補と一緒に潜っていってます。
 武器は農耕具っていうから面白いですねー。

 こういうダンジョンものでゲームっぽいシステムの場合、説得力持たせるためにどういう理屈による設定にするのか作者は頭を悩ませることになるのですけど……この作品の設定は秀逸でした。なんと、銀河を統一している連合政府は「魔法」を主体に用いる文明で、それに反乱している組織は「科学」を主体にしている文明。そこで「科学」に必須となる資源をとりあげて、ダンジョンにしまい込む。ダンジョンのモンスターには科学による兵器は通じにくいので原始的な剣や魔法、内部で拾えるテキストで習得できる「魔法」で戦うしかない。つまり資源を手に入れようとすると自然と「魔法」寄りの社会になっていくというとんでもながら効率的な仕組みになっているようで。
 で、地球はそれにほぼ巻き込まれたかたちですねー。
 連合政府も反乱軍もどっちも資源があまり手に入らなくなったためにすでに滅んでいるようで。
 地球はただ距離による時間差でいまさら『ダンジョン結界』がはられてしまったみたいというはた迷惑なことに。

 世界中は混乱しながらもそのダンジョンによる資源発掘に気付き、対応中みたいです。
 けど、この先どうなっていくのか全然読めません。どういう風に社会が変化していくのか楽しみですねー。国ごとに違いそうですし。
 そして主人公チームもドロップアイテム入手率向上という特典を得ているので低階層でも暮らしていくには十分な収入がありますのでこれからどうしていくのやら。

 有名作者による期待の作品ですので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/845-56414bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。