言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「異世界に渡った少年は、ある意味伝説の生物を創造してしまった 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:異世界に渡った少年は、ある意味伝説の生物を創造してしまった
 原作:オリジナル
 作者:エラシコ 様

 農業高校に通っていたごく普通の主人公はある日、気付いたら異世界にいた!
 で、親切な獣人と知り合って冒険者ギルドに登録して、この世界では皆持っている『ギフト』を自覚するという――まぁテンプレな導入です。

 面白いのは、主人公の『ギフト』が式神創作師というよく知っている生き物を魔力で再現するというものと、この世界では『ギフト』があまり理解させていないということですね。たとえば、最初に知り合った獣人は重力操作っていうギフトなのですけど、重力というものを理解できていなくてなんとなく使っているだけだったりします。
 さらにはギフトの名前は知っているのに意味がわからないために実質無能力扱いされている人がいたりとか。

 それらはさておき主人公のギフトに話を戻しますけど、魔力の多い生き物はその分魔力がおおくいるので「式神創作師」はあまり使えないギフトとされていました。けど、主人公に日本の動物を式神にするということで解決しているんですよね。異世界でこういう能力持ったらふつうドラゴンとかの派手なモンスターを式神にしがちですけど、牛とか犬とかのありふれた生き物でどうにかしていこうってのがユニークでした。
 興味を持たれたかたいましたらよろしければ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/781-82f50b96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。