言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



「正しい余生のすごし方」のレビュー


 HP:舞台裏の漂流者たち
 場所:正しい余生のすごし方
 原作:オリジナル
 作者:しゃんぐ 様

 ジャンル:勇者・ロボットの娘・魔術・伝説の聖剣・賢者



あらすじ:
 死闘に次ぐ死闘の果てについに魔王との最終決戦に持ち込んだ勇者たち。
 なのに、王座に魔王はいなくって……

 一方、少女は追われていた。
 銃を所持する追っ手たちから傷だらけになりながらも逃げていく。
 そして――勇者は召喚されだったのだが召喚主の少女はロボットで!?
 
 家事に授業にと平和を満喫する勇者が悪の組織と戦っていくほのぼの現代ファンタジー!!









序盤の登場人物:

・カイ(ファンタジー世界の勇者)
 仲間と共に魔王軍と戦ってきたがいざ最終決戦というときに魔王は逃げだしてしまい……
 どうしようかと悩んでいるときに召喚される。
 

・長月比沙(白鳳高校の生徒)
 謎の少女にしてロボット。
 偶発的に勇者を呼びだしてしまったのではなくなんらかの意図があったらしい。




メモ:
 最初のうちは世界観の把握に戸惑ってしまいました。ごく普通のファンタジー世界の勇者が現代に呼び出されたのかと思ったら、ヒロインはロボットで、敵は元人間の鬼を兵器扱いしていたり、実は勇者は生身のまま召喚されたというわけじゃなかったりと普通じゃない設定のオンパレード。

 面白かったのは、勇者に対して日本語を使えるように上書きしたら、特定の言語を発する必要のある技能を使えなくなってしまったという設定ですね。言語関係はご都合主義で済ませていたり複線にしている話とかは知っていますけど、魔術を使えなくなる理由に使っているのは斬新でした。

 作者は絵のほうも描かれるようで、ときたまキャラクターの絵が載せられていますのでイメージを掴みやすいですよー。




注意事項:
 こちらでは、携帯小説のように1ページに表示される文字数はひどく少ないです。
 頻繁にNEXTをクリックしなければなりません。けど、分割されているというだけでまとめてみると問題になるほど文字数は少なくないので、読み進めてみたらどうでしょうか。









 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/76-5ceb25a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad