言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「終天の異世界と拳撃の騎士 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:終天の異世界と拳撃の騎士
 原作:オリジナル
 作者:ふるろうた 様

 空手しかとりえのない主人公が、鈍感というか……幼馴染みの女の子との微妙なやりとりをしているときに異世界に召喚されちゃいます。
 そして、怨魔というモンスターのいる世界で、効果には才能差あれども誰でも使える魔法のようなもの神詠術(オラクル)を使えない体質のまま暮らしていくお話です。
 神詠術を操る詠術士(メイジ)にはなれないものの地球と条件違うために筋力なとが凄いことになっていて、拳一つで大活躍していくんですよねー。
 かといって主人公最強ものではない、むしろその筋力優遇以外のご都合主義はないために苦労することが多くてハラハラドキドキさせられます。
 なんというか主人公の活躍を描くために用意された事件ではなくて、読者のほうにもダメージがくるような凄惨な事件がいくつも描かれていて先が読めません。
 主要人物だろうとあっさりと死んでしまうんじゃないかという緊張感が常にあります。
 そんな中、主人公は詠術士の学ぶ学院に滞在しながら女騎士と甘酸っぱい青春をけやらかしていきます。

 たぶん電撃文庫あたりから出版されていたら買っちゃうようなレベルの名作ですよー。
 今は第三部まで進んでますけど、一部が文庫の一冊に匹敵する読み応えがありますので皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/757-3a53a310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。