言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「ものぐさな賢者 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:ものぐさな賢者
 原作:オリジナル
 作者:クロコ 様

 龍神によってつくられたといわれている何種類もの亜人たちが住む世界――『龍玉』。
 旅芸人の一座に所属していた幼女は母の死をきっかけに前世の記憶の一部らしく日本の知識を思い出す。
 しかし、彼女はいつ魔力を暴走させるかわからない四種類の血が混ざった『混ぜモノ』という忌避される存在のために差別されていた。
 母親の知人が引き取ると申し出られたものの迷惑をかけると思った主人公は、異世界の知識に興味を持った王宮の魔術師に養女として引き取れられることになって――というお話です。

 なんというかトラブルメイカーのものぐさな主人公が追いつめられたときに現代知識やそれをもとにした魔法で切り抜けていくという展開の繰り返しなのですけど、一つ一つのストーリーがこだわられているために緊張感があって感情移入してしまい、解決したときに読んでて嬉しくなってくる名作です。基本の文章力のある作者さんなんで一気に読んでしまいました。
 五歳の子供があいまいな日本の記憶だけを頼りにピンチを潜り抜けていく様子には無条件に応援したくなってしまいますねー。
 後半、魔法学校に入ってからは人間関係の話が増えたために危機は減ってきましたけど、それでも事件に巻き込まれるときには巻き込まれるのでどう現代知識と魔法を使うのか楽しみになってきます。

 周囲の人間に好かれやすいですけど主人公の仁徳のたまものと納得できる良作ですので皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/730-6d64b465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。