言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「俺、りん」のレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:俺、りん
 原作:オリジナル
 作者:じぇにゅいん様

 ジャンル:TS主人公・元高校球児・学園・憑依・女子高生



あらすじ:
 和宏は甲子園を目指している野球球児だった。毎朝ジョギングを欠かすことなく、部活では汗を流し続けているごく普通の高校三年生……だったのに、ある日目覚めると自分ののどぼとけがなくなっていた。
 さらに驚いたのは、長く伸びている髪についている胸。
 そう、和宏は女の子になってしまっていて……
 

 見知らぬ女子高生の体に入り込んでしまっていた和宏の明日はどっちだ!?










序盤の登場人物:

・萱坂りん(元々は瀬乃江和宏という名前の高校球児)
 鳳鳴高校の2年生。

・久保のどか(りんと同じく、四年前に"女"となっていという)
 鳳鳴高校の生徒会長。
 和宏にこの現象の千倍としていわゆるパラレルワールドの世界にきてしまったのだと説明する。

・篠原沙紀(りんのクラスメイトその一。)
 コミュニケーションはアイアンクローというとんでもない親友。

・阿部東子(りんのクラスメイトその二)
 アニメ声の可愛らしい親友。
 沙紀と一緒にりんにツッコミを習得させようとしていたくらいノリのいい性格。




メモ:
 この作品を一気に好きになったのは球技大会編の第30話~第40話を読んでからですね。もちろん、この話に達するまでに「小説家になろう」の機能の「お気に入りユーザー」に登録するくらいには気に入っていたのですけど、人様に勧められるほどとは思っていませんでした。正直のところ。
 ただ、単なる設定にすぎないと思っていた野球に対する思いが発露しているところは名シーンと思いましたね。野球にあけくれていた元の自分の体とは比べ物にならないほどにかよわさに苦戦していたのに最後の決め手になったのは女の子特有の――っていうのが流石だと思いました。
 市販・ネット問わずに、なんちゃってTSじゃないちゃんとしたTSしている作品を読んだのは久々な気がします。
 女性の体に思春期の男が入ったにしてはまったく変態っぽいところは感じられず、真っ当すぎるくらい真面目な好青年のように主人公は思えました。

 記憶は引き継いでいるという設定ですけど、思い出すのには一拍の間を必要とするために過去のことを会話しようとする不自然になるというのもいいように思えました。こういう話の中には、憑依したということ忘れてしまうくらいご都合的に進んでいくものもありますからそうじゃないというだけで高評価をくだしてしまいます。

 あと気になるのは、もう一人女性の体に憑依しているらしい久保ですかね。唯一正体バレしているために相談相手になっていたりと好感度はどんどん高くなっていっている相手なのですけど、それに対して、ほとんど設定を明かされていない人物のように思ってしまいます。元々は"男"だったようだけどどういう人物だったのか、こっちじゃどういう家庭環境にあるのか、この先どうしていくつもりなのか。今後のストーリーに大きく関わってきそうでそのへんを楽しみにさせてもらっています。

 2010/01の現在、かなり勢力的に更新を重ねられていらっしゃるということも大きいお勧めポイントですね。遅いときでも一週間間隔くらいで、早いときには三日ごととかその次の日とかなので、もう四十五話までいっています。一話は2000文字くらいですけどこのペースなら満点といっていいくらいの更新速度だと思います。ぜひ皆さんもチェックしていったもらいたいなと思う作品ですね。









 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。