言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「薬の罠に気をつけて 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:薬の罠に気をつけて
 原作:オリジナル
 作者:宮野りう 様

 あるパーティーでとある事件が起こります。
 王弟の飲み物に薬物が仕込まれてしまっていたことが発覚するのですが、もう飲まれてしまっていて。即効性ではないその薬は犯人の自白によるとなんと『惚れ薬』だというので、あわてて隔離しようとするのですけど、その直前に王弟フィオンは窓の外を見てしまい……そこには一人のご令嬢が。さっそくダンスを誘いにいっちゃいます。

 社交デビューしたての主人公はいきなりのことに困惑しますが『惚れ薬』の説明をうけてようやく納得します。
 その『惚れ薬』のことは正式に発表されて、犯人ではないと王族たちによる調査によって証明されるのですがどういうわけか王妃たちに気に入られてしまったことでフィオンとの交際が認められてしまいます(主人公はまだ戸惑っているのに)。薬のことなど気にしていないフィオンにどんどんアタックされ、回数が重なるごとに、いつしか主人公も心動かされていき。しかし、犯人は牢獄から失踪し、犯人ではという悪い噂は流れ、フィオンの婚約者候補に睨まれたりという悪いことも重なっていきます。
 口説かれているのは『惚れ薬』だから自制しなければならない恋っていうのもつらいものですよねー。
 女性向けの恋愛ものですけど私も楽しめました。

 長期連載しているだけあってそろそろ物語も終盤になっていますから、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪ 

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/645-f1ff0bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。