言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「勝手にジャッジメント!!」のレビュー

 HP:鬼人の庵
 場所:一次小説→上はあるのは「ダブレット・カオス」の目次のため、ずっと下にスクロールさせていくと見つかります。
 原作:オリジナル
 作者:鬼人様

 ジャンル:冒険 依頼達成 策略 戦闘 逆転 魔法 ドラゴン コメディ 陰謀



あらすじ:
 世界共通の正義裁判官≪ジャッジメント≫になるための相棒として勝手に兄の離職手続きをとってしまった弟ツァイス。
 そのジャッジメントになるための第二試験は、一年間のうちに冒険者として活躍するという内容で……
 弟に制裁を加えたもののしぶしぶ試験を受けることにした兄グロウは合格のため策を練った。

 後世には英雄と伝えられる二人の活躍のほとんどは奇行と策略に彩られていた?
 ボケてボケてボケるけど最後はやっぱり凄い英雄譚、いざ開幕!









序盤の登場人物:

・グロウ(兄。策略家。アルカート王国の騎士だったのだが……)
 腹黒いところのある騎士。剣術はその道の達人には及ばないものの策略を張り巡らせるセンスと指揮能力はずば抜けている。

・ツァイス(弟。素敵魔術師)
 ある目的を達成するためにジャッジメントに応募。勝手に兄の離職届を出す。
 竜魔術というマイナーすぎる魔法の使い手。
 変態的生命力の持ち主。日常的に奇行に走っているためにすでに『奇』行とはならなくなっている人物。

・エルム(殺戮傀儡。魔界のゴーレム)
 敵の従者。だったのだがツァイスの電撃呪文を受けたことで……

・ベドウィール(魔王)
 世界を支配するためにやってきたのだがグロウの策略で……




見どころ:
 こちらのサイトは「勝手にジャッジメント!!」とは別に「ダブレット・カオス」という現代ファンタジーを連載されていて、数話ごと交互に掲載していくという形式をとっていられます。しばらく更新されていないなー、と思っていたら短期間に集中連載されるので、長い目で見るのならば安心して待っていられるところです。
 話数的には、「勝手にジャッジメント!!」は200話を超え、「ダブレット・カオス」はなんと250話を超えていると凄いことになっています。

 各話に笑える要素は満載なのですけどときたまグロウの頭脳戦があったり、普段はダメダメなツァイスが頑張ってしまうシーンなど、ストーリーの起伏がとてつもなく面白いサイトです。奇数の話はグロウ視点、偶数の話はツァイス視点となっているため、二人が別行動をとっているときなど物語が交錯していたりと話の作りの巧さにうならされます。

 この話の一番の面白さはキャラの個性さがはんぱないということでしょうか。
 普通のファンタジーならたんなる雑魚扱いのゴブリンとオークにとんでもないキャラづけをしたりと、立っていない人間はいないと思えるほどに肉付けされています。二人は冒険者としていろいろな依頼を受けるのですが、昔の依頼の関係者がそのあと意外な形で再登場することが珍しくなく、連載を追いかけ続ける読者には嬉しい展開をしてくれる作品です。

 最近はついにジャッジメントの第三試験を受ける新章やちょっと未来のツァイスを描く竜魔術師編などが公開されていてと、今後ますます期待してしまいまうサイトです。









関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。