言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「二人の勇者」のぷちレビュー


 HP:Arcadia
 場所:二人の勇者
 原作:ダイの大冒険
 作者:トートパック 様

 ディン系の呪文は竜の騎士か勇者にしか使えないっていう設定がダイの大冒険にはあって、バランやダイは前者なんですけど……後者のケースのオリキャラを主人公に据えている作品らしいです。とはいっても、その主人公の少女もまたバランの子供でダイの姉にあたるのですけど。ちゃんと公的なところでライデインの契約をしたことで公認勇者となっていきます。

 原作のダイの同様の理由で親元を離れることになって、教会で育てられ、モンスターと心を交わしながら大きくなり、独自呪文を開発して、公認勇者となって、エルフのところで修行をして――そして、偶然ダイと再会しています。ダイはまだ赤ん坊だったため記憶がなくいったんは拒絶されますけど、クロコダイルと戦っているときに駆けつけてます。
 剣の腕よりかは魔法よりのようで、教わった『破邪の秘法』のもとになったという『エルフの秘法』で増幅した魔法チートやってます。
 原作には補助呪文の使い手がいなかったのに彼女はバンバン使ってますから今後のパワーバランスが心配になるくらいです。

 あえてダイの大冒険で他ドラクエシリーズっぽい『勇者』というテーマを取り扱ったのははじめてみたので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/523-6d56a1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。