言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「やる夫は流れついたようです」のレビュー


 ジャンル:異世界トリップ・貴族社会・成り上がり・現代知識チート・魔法チート

 原作:オリジナル

 災害によって海に流されたやる夫がようやくたどり着いた陸地は異世界で……というお話なんですけど、魔法のあるファンタジーな世界で、現地の貴族に強力してもらいつつマヨネーズやコンパスを作っていってます。さらには精霊使いやらになってチートなくらい魔法を扱えるようになって戦闘などでも活躍するようになっていきます。
 けっこうこういう強力な魔法を使えるようになったトリッパーが現代知識チートしていく作品というのはたくさんあって珍しくないのですけど、バランスがとられて、面白く仕上がっていました。現代知識のほうはごくごく単純な『私にもできそう』と思える範囲内でしか使っていないのに、それらを権力者と交渉しつつ形にすることでちゃんとした利権にしてしまっているところが凄いですねー。シビアな世界観なだけにそういう交渉しているところやその裏が垣間見えるのがほんと楽しいです。
 
 人間関係なんかもしっかりと描かれているのがポイント高いですよー。
 味方勢に狂信者グループがきたときにはどうなるかと思いましたけどある程度コントロールできているのには感心しました。
 ああいう現代人にとっては毒にしか見えない連中を薬にしているのでやる夫が有能な人物に見えてくるんですよね。
 現代知識と突然得たかなり万能な魔法の力よりそれをどう活用するかっていうところが気になって続きが読みたくてたまらなくななります。

 おススメですので皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/512-0eb1ef48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。