言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「くろやみ国の女王 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう 場所:くろやみ国の女王
 原作:オリジナル
 作者:やまく 様

 身分の高い男と恋仲になったがために謀殺されそうになった一般女性が、亡国を復興させることを条件に生き延び、彼と相応しい立場になろうと努力していくお話です。
 主人公はとあるレアな素質を持っていることから闇属性の精霊に目をつけられて、血筋などとは無関係に女王になっちゃいます。
 新しく『くろやみ国』となったところは古代技術を受け継いでいるのですけど国民はなんと0!
 王族らしい知識なんかまったくない元一般人の女王と高位の精霊×2のみ。
 技術力だけなら段違いに高いというのにどうも弱小国の印象をぬぐえないところが舞台になっています。
 精霊を増やしたり、治療法のない難病のおかされた人を救ってその家族を国民に加えたりして、ちょっとずつ大きくなっているところですね。

 一番興味深いのは、主人公の愛している彼が事情を知らないので誘拐されたと考えていて、彼に主人公からの手紙を届けにいった精霊は精霊で自分たちの女王を奪われたくないものだからと態度が悪く、擦れ違いになっているところですねー。しかも、彼が主人公の情報を集めるように手配したことがきっかけで、主人公に横恋慕する男どもが登場してきてますし。

 国家の成長も恋愛模様も両方気になる良作ですので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪
 ちなみに外伝や登場キャラのスピンオフした作品もありますのでそちらもお忘れないようにお願いします。

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/455-be18ced2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。