言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「ひとりヴァーチャルリアリティー 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:ひとりヴァーチャルリアリティー
 原作:オリジナル
 作者:鰯 様

 ここの女主人公は、チュートリアルを受けずにVRMMOのはじめての街をうろついていた初心者なんですけど……ゲームに慣れるどころかいきなりプレイヤーに誘拐され、ダンジョンに放り込まれちゃいます。さらに不幸は重なって、ダンジョンの隠し部屋に迷い込み、密室から出られないことに。で、トドメとして『疑似トリップイベント』っていうやつが開始されてしまい、ログアウトはできない、GMもできない、はじめたばっかでフレンドもいないから一切外部との連絡がとれない状況に。
 部屋には大量の本と生産スキルの材料が置かれていましたけどそれだけで。
 主人公は脱出方法を求めて、本を読み漁っていくのですがそのまま何日と経過していき――
 なんといいますか、人形と会話するようになっていく主人公には心が痛みます。そういや無人島の実話だか映画だがでヤシの実に顔を掘ったのを脳内恋人にしちまった人がいたなー、なんていうことを思い出してしまうくらいの救われなさ。はやく脱出させてあげてーと願ってしまう状況です。

 で、なんだかんだでどうにか抜け出せて、そのとき助けてくれた相手とパーティ組んで冒険し始めるのですが。
 周囲からひっそりと不穏な空気が迫ってきています。

 主人公をダンジョンに連れ去ったギルドはその様子を公開していたわけで、それがこんなことになって、非難が集中してたのですよ。
 まぁ洒落じゃすまされない状況ですからねー。
 そういうことでこのスキャンダルを火種にいろいろと企んでいる人がいたりして、どうも、巻き込まれそうなんですよねー。

 普通のVRMMOものとはまた違った種類の試練にハラハラしてしまう良作ですので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/407-de74e155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。