言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「気象精霊麻帆良へ 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう(にじファン)
 場所:タイトル
 原作:「魔法先生ネギま!」×「気象精霊記」
 作者:雪待兎 様

 日本人男性が気象精霊記の精霊に転生、その200年後にネギまの世界にトリップして麻帆良の生徒になっちゃいます。
 TSものなんですけど長い年月の間に完全に女性になっていて、女性キャラに欲情しないのがいいですねー。
 四葉五月と同室になって、いろんなキャラと関わっていきます。
 高畑と学園長は若干扱い悪いですけどアンチというほどじゃないですから安心して読めますし。

 この作品はとにかく閑話が面白いですねー。
 いまや懐かしい気象精霊記のノリが楽しめますし、主人公のバタフライ効果でキャラが成長していくのもいいです。
  主人公が石化を解く→スタン爺さんがネギをちゃんと教育する
  主人公がアスカの勉強を見てあげる→人間的に成長したアスカが自分の過去と向き合う勇気を持ち、高畑が記憶封印を解く
 主人公はきっかけにすぎないからこそチートさが嫌味にならないんですよねー。
 チートさが発揮されるのは主に天候相手っていうこともあります。

 ただ、残念ながら原作開始前に打ち切りになっちゃています。
 まぁ原作のとんでも展開に整合性とれなくなったというのはわからなくなもないので諦めざるをえないのですが、実は、この主人公が気象精霊記の世界に転生してからのことが別に連載されているようなのでそれはそれはいいかなと……ネギま編だけでも十分な量はあり、気象精霊記編の続きも期待できますから、皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/405-e10ff7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。