言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



「生まれ変わってドラクエ」のレビュー

 HP:三つの塔の物語+α
 場所:右側にある「Categories」の「目次」→「目次2」
 原作:現実から「ドラゴンクエストⅢ」の村人の子供に転生する。
 作者:トナ様

 事実は小説より奇なり。だから、昔のギャグ漫画のごとく最期を迎えた彼なんてのは珍しくもないのだろう。
 そう、ドラクエワールドに生まれ変わっていなければ。
 とある村の子供になってしまったカズキの伝説がいざ始まるッ!?







 現実世界じゃ呆気なく死んでしまった主人公がドラクエの世界に転生してしまったという、それだけならよくある話(ジャンル的な意味で)。
 おぎゃーというテンプレはないので、そういうのが嫌いな人には安心してもらいたい。
 この作品は主要人物から脇役にいたるまでちゃんと生きているって感じに描写されているのでお勧めです。

 故郷の村から近くのもっと大きな村のレーべに移動する。

 たったこれだけのイベントを進行させるのに「何故行くのか」「移動手段」「馬車に積むもの」「安全に移動するための対策」「別の村の動き」「子供にすぎない主人公が連れて行かれた」を無理なく描いているため、早々に『ゲームの中』という認識を捨てさせられます。人々には生活があって仕事があって立場がある。そういう当たり前のことを当然のように描かれていて安定感が凄いです。

 魔法の解釈とか、3以外のドラクエシリーズの技の習得フラグとか、一行一行読んでいくのが面白くなっていきます。
 まだまだアリアハンを出ていないため登場人物たちは弱っちいですけど成長フラグは巻かれてあって、いったいどういう風に育っていくのか、ゲームのどのくらい外れていくのか、早く続きが読みたくてたまらなくなります。幸い、この作品の作者は完結させているシリーズも持っていられるため更新停止の可能性は低そうです。ただ、別にオリジナル小説と同時連載しているため更新が遅くなることはありそうです。まぁ、遅くなるといっても数日に一度はなんだかんだ更新があるのでトータルにはかなり早い作者様なのですけど。

 レビューに書きたいことはいろいろあるのですけど、ネタバレになってもつまらないと思うのでこれくらいにしておきたいと思います。
 ちなみに一度書きすぎてしまったため今書いているのの倍くらいの文章を丸ごと削除していたり。
 そんなに熱がこもってしまうくらい大好きな作品ですね。


 まだロマリアにすら到達していないけど、今後は週に一回は更新をチェックしにいきたいです……
 と言いながら、私は前回更新の三日後くらいから朝晩と一日二度見に行ってます。


交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ・・・交響組曲「ドラゴンクエストIII」そして伝説へ・・・
(2009/10/07)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 すぎやまこういち
 懐かしい曲を手元に置いてみませんか?

ドラゴンクエストVI 幻の大地ドラゴンクエストVI 幻の大地
(2010/01/28)
Nintendo DS
 1~5はなんとなくストーリーを思い出せるけど6はちょっという人は多いのではないでしょうか? 少なくとも、私は井戸に落ちるところまでくらいしか思い出せません。
 不思議と二次創作の題材になることは少ないⅥをもう一度プレイしてみませんか?

関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する







FC2Ad