言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「やらない夫は鉄血宰相と呼ばれたようです」のレビュー


 ジャンル:劇団・借金返済・ブラコン・人誑かし・恋愛・公演・声優

 原作:シアター!(1巻)

 こんなに原作読んでみたいっていう気持ちにさせてくれる作品は久々でした!
 やる夫は劇団を立ち上げていてそこの脚本を書いていたりするのですけど、その劇団に金銭トラブルが出てきて、兄のやらない夫に泣きつきます。これがまたうまく末っ子気質が出ていて、けっこう無茶なお願いなのに甘え上手にうまいことやって借りちゃうわけですが……弟のことを大事に思っているやらない夫はやる夫に条件を突きつきます。この300万を2年以内に返済できなかった場合はきっぱりと劇団を辞めるように、と。
 まぁ、劇団=赤貧というイメージはつきまとっていますから、実際に借金の相談にこられたら肉親はこう言うしかないですよね。
 けどまぁちょうどやる夫は声優出身の新しい劇団員との出会いでやる気が出てきてところなので、劇団の問題となっているどんぶり勘定はやらない夫が面倒みることでうまくやっていくわけです。劇団の内情が描写されているのも楽しめるのですが、とくにこのときの人間関係が面白いです。なんといいますか……男性劇団員→女性劇団員→やる夫→声優→やらない夫という、三角関係なんていう言葉に留まらないありさまになっています。この恋愛模様がなんともいい感じになっていますので、皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪ 



▼ライトノベル作家にしては珍しくハードカバーを多く出されています!



関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/301-707fe567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。