言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「虚無を継ぐもの 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう(にじファン)
 場所:虚無を継ぐもの
 原作:「ゼロの使い魔」からルイズが科学チートになっている日本へ(「星を継ぐもの」とのクロス?)
 作者:片玉宗叱 様

 前書きには――「もし才人がとルイズが召喚前から知り合いだったら?」という所謂IF物です――と書かれていたので、なんか面白そうだなーって
読んでみたらそんなちゃちなもんじゃなかったです。才人が原作通りに召喚されたあと、回想シーンになるのですけど、これがかなり私の予想を超えていました。
 子供のときのルイズが『サモン・サーヴァント』を唱えたら≪門≫ができ、それをうっかりと潜ってしまったため、ルイズは世界を超えて日本の平賀家にやってきてしまう……これだけだったらこれまでにも似たような二次創作はいくつか公開されてきたわけですけど、その平行世界からの接続を政府が科学的に察知してすぐさまやってきて、有無を言わさずにルイズを隔離室に放り込むなんていう斬新すぎる展開は初めてでした。それで遺伝子とか脳波とかを調べていって、真面目に異世界人だとルイズを認めたうえで親御さんの下に帰してあげようなんていうプロジェクトをスタートさせるとは……もう原作って何っていう感じのストーリーですよね。
 異世界からやってきた人間と政府との接触をここまで詳細に描いてある二次はそうないので、皆さん、ぜひ試しに読んでみてくださいな♪

関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/285-1cdc4a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。