言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「僕は友達が少ない 2」のレビュー


僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)
レビュー平均:5.05.0点 (24人がレビュー投稿)

僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)
出版日:2009-11-21
レーベル:メディアファクトリー
クリエーター:ブリキ(イラスト)
作者:平坂 読


 ジャンル:現代コメディ・短編集・自虐ネタ・部活(隣人部)・友達のできない残念なやつら
 評価:☆☆☆≪長距離移動のときの暇つぶしに、ブックオフの百円棚にあったら買っていいかなというレベル≫

 ストーリーは、前巻と変わらずに欠陥だらけのために友達できない連中が互いのダメなところを貶めあっているというものです。
 一巻じゃレギュラー化していなかった残る二名が加入するのですけど……人物紹介の顧問という役柄から合法ロリと思っていたシスターは正真正銘のロリで10歳だったり、専用の個室を与えられての理科室登校とやらをしている天才発明家はフラグ一つで抱いてください状態だったりと、てきとうに属性要素含ませときゃあんたら買うんでしょという作者の声が聞こえてくるような、めちゃくちゃな展開の連続だったりします。
 すいすい読んでいくことはできるのですけどそれだけです。
 ひたすら個性というものを追求していった結果、魅力というものをどこかに忘れてきたキャラクターに愛着を抱けませんでした。
 私はけっこうなんでもいける人間で、中二病とか友達できない人間をあげつらうような自虐ネタもけっこう普通に楽しむことはできるのですけど、ジャンル的に受け付けないだのどうのではなく、単純にあんま面白くない内容に終始していました。テンプレートを悪い方向にひねっているだけというか……つまらない。変人が変人のままけなされているだけなので感動要素とかありませんし。なんというか、こんな部活があったら入ってみたいと思わせるものはまったくないですね。容姿オンリーです。
 これって三巻はでるのでしょうか? っていう内容なので、正直のところアマゾンへのリンクを張ることすら迷っちゃう作品です。




 Wikipedia:僕は友達が少ない - Wikipedia
 アマゾン:「僕は友達が少ない 2」のアマゾン
 インスタントストア:「僕は友達が少ない 2」のインスタントストア



▼「僕は友達が少ない」と同作者の作品はこちらです。



▼ホモ好きの娘とかでてきてもどこか温かいこちらの作品のほうが好きですね。




関連記事




 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/186-363504e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。