言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「リリカルってなんですか?」のレビュー


 HP:Arcadia
 場所:名前リリカルってなんですか? (オリ主 転生 原作知識:とらハ3のみ)
 作者:SSA 様

 ジャンル:転生・再構成・微鬱・原作知識(とらハ3)・家族会議・家族不信・IF



あらすじ:
 海鳴市のとある私立小学校に入学した少年の名は『蔵元翔太』。
 前世の記憶を持ち、とらハ3のプレイ経験のあるごく普通の転生者だった。
 彼は原作を変えようなどと思うことはなく学校生活を送っていて――
 精神年齢高めの彼はクラスメイトの面倒を見るポジションに自然と収まっていて。
 その日も、いつものように喧嘩している二人の女の子を仲良くさせていた。

 ……それがリリカルにどのような影響を与えてしまったのか知らずに。







序盤の登場人物:

・蔵元翔太(子供に転生してしまった人物)
 クラスメイトの面倒を見ることがほぼ趣味になっている幼児。
 曰く、手のかかる子供ほど可愛い。
 すっかりとそのポジションに定着してしまっている。




メモ:
 なんといいますか、これほどのリアリティを感じさせる転生ものって読んだことなかったですね。大人の思考と子供の体と子供らしからぬ立ち位置――この三つがバランスよく配置されていて、ああ、このキャラは転生して、人生をやりなおしているんだなと納得できる語り口調になってます。

 小学校入学直前から描かれているのですけど、ついこの前まで幼稚園児だったクラスメイトとそこから浮いているアリサとすずかが見事に描かれています。それとお兄ちゃんとして活躍している翔太君も。そりゃあ、転生している人がいたらこういう学級委員長ポジションになりますよね。変にハイテンションだったり子供ぽかったりする転生主人公と違っていて、安心して読んでいくことができます。

 なのはというか、高町一家の描かれ方には賛否両論あるでしょうけど、私はIFとしては「ありえる」と思ってます。こういう風に両親にいい子と思われたくて自分を押し殺してしまっている子供は現実的にいますので。転びようによってはそちらの方向に流れたって不思議じゃありません。しかし、原作にあったされる魔法に対する執着心がどちらに向くのか、続きが気になって仕方がありません。

 最初のジュエルシードを回収したところを見るかぎり、なのはアンチにはならないことはほぼ確定したんで、安心してお勧めできるようになりました。家族や先生との会話が絶妙の味のあるものなので、ぜみ読みにいってくださいな♪




注意事項:
 現段階では、なのはとアリサ・すずかは友達になっていません。
 主人公がそのフラグを潰してしまいました。


▼年下を見守っている繋がりで……





関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/131-c1d44087
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。