言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー」のレビュー


 HP:Arcadia
 場所:天災異邦人『高橋良助』~オワタ\(^o^)/で始まるストーリー~(現実⇒原作)
 原作:HUNTER×HUNTER
 作者:マッド博士 様

 ジャンル:トリップ・原作知識・変態・うざい・関わりたくない・神展開



あらすじ:
 森の中、素っ裸でトリップしてきた一人のトリッパー。
 漫画『HUNTER×HUNTER』の世界にやってきてしまった彼は、思うがままにうざさを振りまきながらハンター試験を突破していく。原作キャラたちの神経を逆立てながら! こんな主人公見たことない!!
 いらないところではスペックは高い、けど、うざい。まさに災害。

 が。
 ヨークシンシティに入り、蜘蛛と関わったとき、世界は裏側を覗かせた。
 高橋良助に隠された秘密とは? うざさの連続だったストーリーは驚愕の展開を迎える!







序盤の登場人物:

・高橋良助(とてつもなくうざい男)
 トリッパー。オーラを見ることはできるけど使うことはできない。
 基本的によく考えない、その場のノリでやらかしやがる周囲にいたくない人ナンバー1。
 原作知識を有効活用せず悪用ばかりする。




メモ:
 なんというか、他人事ごとだからどうにかこうにか笑っていられる作品ですけど、ちょっとでも原作キャラたち感情移入したらイラっとくること間違いなしの作品です。うん、ここまでならそんなのを人を勧めるなと常識を疑われるところなんですが――後半になるとガラっと話が変わってきます。

 上下を逆にすると別の絵になるトリックアートみたいに序盤の意味合いが化ける、とんでもない作品です。

 謎や物語の複線をうざさで覆い尽くすという斬新なスタイルなのですけど、復讐に燃えるトンパの策略には驚きますし、後半のホラーテイストというかじょじょに明かされていく良助の秘密はとてつもなく不気味に仕立て上げられています。この作者のプロットの構築力は脱帽ものです。侮っていましたと謝りたくなってくること請け合いです。

 オーラを見ることはできるけど、"纏"や"練"をすることはできなくずっと"絶"状態のまま。その設定をトリッパーだからそんなものかと見逃していると驚かされますよ。とくに裏話のネタばらしは秀逸です。ご都合主義には隠された裏側があって……どういうものなのか、ぜひ読みにいって確認してくださいな♪




注意事項:
 現在、更新停止されている作品です。
 ただ三十話弱とけっこうなボリュームのある読み応えのある作品ですよ。



▼似ているイメージの本はこれしか思いつきませんでした。




関連記事


 

  



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/tb.php/118-061efcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)






FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。