言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



「フェアリーテイル・クロニクル 」のぷちレビュー


 HP:小説家になろう
 場所:フェアリーテイル・クロニクル
 原作:オリジナル
 作者:埴輪星人 様

 VRMMOをやっていたらバグったメールがきて、どういうわけかゲームそっくりの異世界にきてしまうっていう作品です。
 レベルとスキルとパラメーターは引き継ぎ、装備とアイテムはなくなっている――というこれだけならテンプレになりつつある設定なのですけど、主人公が生産上位陣かつ女性恐怖症ということでたいへん面白いことになってます。ポーション作るときに空き瓶を買う作品は読んだことありますけど、その瓶から作ってしまうのははじめてみました。特定の生産スキルを伸ばすのではなくいろんなものを育ててきた主人公だからこその、カルピスを飲むのに子牛から育てるてきな根本的なところからの生産に心踊らされます。

 ちなみにバグメールをきっかけとした異世界トリップは主人公だけではなく、そして、主人公が最初というわけではないみたいです。
 現に主人公はトリップしてすぐ熊に襲われているクラスメイトの美少女と合流していますし。
 この美少女がまた主人公の女性恐怖症に気付いてそれに適切な態度をとってくれているのでなんというかよくあるラブコメとは違っている、人間的な魅力がメインに描かれていることになって逆にヒロインっぽくなってしまっているという現象が起きちゃってますね。ラッキースケベや口説く展開はまったくないのになんかいい感じです。
 で、冒険者をしつつ屋台をやっていると王族のトラブルに巻き込まれてしまっていって……という展開です。
 王族とのかけあいや、主人公の間違った方向への努力に唖然としている様子がたまらないです。

 素材は最近珍しくないものなのにそれをラノベとして出版できそうなレベルで調理している名作ですから皆さん、ぜひ読みにいってみてくださいな♪



スポンサーサイト


 

  



「つかさのアトリエ 」のレビュー


 タイトル:つかさのアトリエ
 ジャンル:錬金術・ファンタジー・天才?・成り上がり?

 原作:アトリエシリーズ

 村を襲った疫病のために最愛の姉を失い、生きていくこともままならなくなってしまったつかさ。
 彼女は体を売るくらいならもう自殺しようとしていたときに妖精と出会い、どうせ死ぬなら妖精のお願い事を叶えてからにしようと助けることにします。
 そうしていると妖精を視えるという才能に気付いた錬金術師の女性――真紅に拾われ、弟子になっちゃいます。
 こうしてつかさの錬金術師生活が始まります。

 アトリエシリーズを元ネタにしているみたいですけど特定のゲーム……エリーのアトリエとかの世界観を使っているわけではなく、かなりオリジナル要素が強めになってます。
 なので中和剤とかはまだ登場していなく、どうやら自由度はけっこう高く錬金できるらしくてきとうな素材から作っちゃってます。
 材料から連想するイメージに間違ってなければ完成するみたいでつかさの発想が形になっているのが楽しいです。
 本来はそんな簡単な技術ではなさそうなのにほいほいと作っているし、だからといってチートっぽくなるほど成功するわけではなく失敗を重ねながら完成度を高めていく感じが好ましいですよー。

 はじまったばかりですけどお勧めの作品なのでぜひ読みにいってみてくださいな♪





 

  



「やる夫は義理の娘のシュテルにせまられているようです」のレビュー


 タイトル:やる夫は義理の娘のシュテルにせまられているようです
 ジャンル:現代・恋愛・禁断の愛・近親相姦?・ファザコン・義理の娘・学園生活

 原作:オリジナル?(魔法少女リリカルなのは?)

 亡き妻なのはの連れ子だった義理の娘シュテルを我が子同然に可愛がってきたやる夫。
 しかし、やる夫はなんと娘の16才の誕生日を祝っているときにその当の娘から婚約届を渡されてしまって大慌てというお話です。

 策士のシュテルがたいへん可愛らしいですよー。
 だけどやる夫は血は繋がっていないとは父親なわけで、さらにはシュテルの通っている学校の教師をやっているという禁忌すぎる関係のためにそうあっさりとは流されません。
 倫理観は強いほうなのでシュテルの誘惑には耐えるのですけど、娘を押し出してきた攻撃には弱くて。
 まぁじわじわと女として意識させていく家庭が見ていて面白いです。
 そういう恋愛面だけではなくて、やる夫と教師仲間のフェイト・はやてとの交流やシュテルの同級生との会話にも和まされますし。

 それにシュテルは単純になのはの実子かと思っていたらなのはの過去にはいろいろありそうで興味を掻き立てられました。皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪





 

  









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。