言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



『上条(悪)「その希望(幻想)をぶっ殺す」 』のレビュー

 原作:とある魔術の禁書目録

 子供のときから疫病神と呼ばれていた上条さん。
 けれど、両親の愛に包まれて自分のアンラッキーと闘いつつ健全に育っていきます。
 しかしああなんというこどてしょう……その両親も『不幸』なことに息子をかばって死んでしまったのです。

 ということで、グレてしまった上条さんを主人公にした再構成ものです。
 かかってくるビリビリの顔面をぼこぼこに殴り倒しちゃいます。
 そんな風に変わり果てた上条さんはインデックスを拾ってすぐ元担任に押し付けるわけですが……

 正直いって、この短編は後味の悪い終わり方になっています。ただそこまで読んだのなら絶対くじけず続編を読んでみてください。この荒れている上条さんによる原作第三巻の物語なのですけど、後編といってよく、二つあわせてようやくハッピーエンドという展開になっていますから。ぜひ忘れることなく『上条(悪)「この右手で、殺してやるだけさ」 』も読んでみてくださいな♪

 続編:
 上条(悪)「この右手で、殺してやるだけさ」



▼なんとなくこのシリーズを思い出してしまいました。





スポンサーサイト


 

  



『インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」』のレビュー

 原作:とある魔術の禁書目録

 インデックスを当麻じゃなく一方通行が拾っていたらというifストーリーです。
 なんというか、原作を知っているからこそ原作の王道ストーリーとのギャップがたまらなくなる作品ですね。全体的に文章力はひどく高く、いくつかある中二病っぽい要素をうまく魅力に仕立て上げています。そして、凄いことになんと完結しちゃっています。原作の魔術サイドの話はばっさりなくして、科学サイドと魔術&科学サイドの話をぎゅぅっと凝縮、原作キャラがばたばた死んでいく世界存亡をかけた壮大な物語として再構成していて、私なんか新刊読んだとき以上の感動してしまいました!
 これはほんとぜひ皆さんに読んでもらいたいので作品タイトルで検索してみてくださいな♪

 続編:
 インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」
 インデックス「お腹がすいたんだよ」一方通行「そォか」
 インデックス「行こ!あくせられーた!!」一方通行「…おォ」
 インデックス「好きだよ、あくせられーた」一方通行「…はァ?」










 

  



『古泉「またバイトwwうぜぇwwおらっw」ハルヒ「はうぅ…」』のレビュー

 原作:涼宮ハルヒシリーズ
 
 キョンがパラレルワールドに迷い込むっていう設定の短編です。
 性格なとが反転しているのですが、どのように変わってしまっているかはネタバレになるので説明しないでおきます。まぁタイトルから反転古泉のキャラはもらってもらえるかと。まったく新しい人間関係になっていてなかなか破壊力のあるSSですよー。皆さんぜひ読みにいってみてくださいな♪ 個人的にはここの鶴屋さんにご飯を奢りたくて仕方ないです。基本的に一発ネタなので、とりあえず一話目の『古泉「またバイトwwうぜぇwwおらっw」ハルヒ「はうぅ…」』だけを楽しんでもらって、続編のほうは気に入った方のみ読んでもらえればいいかと思ってます。

 続編:
 古泉「涼w宮wハwルwヒwのw反w転w」長門「おー!」
 長門「やきゅうたいかい!」朝比奈「やるからには勝つわよ」
 古泉「あばっばっばっばwwwwうぇwwwうぇwwwww」
 古泉「七夕とかwwwガキくせえwwww」キョン「黙って運べ」



▼このシリーズのねんどろだけでいったいいくつ発売されているんでしょうね?







 

  









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。