言の笹舟 web小説レビューサイト

 ここでは私の趣味嗜好を基準にネット小説をご紹介させてもらってます。
人気小説・ランキング上位のもの・捜索依頼されているものなどを読んで、気に入ったもののみレビューします。
2013年はこのブログだけでなくやる夫スレでも頑張っていきますよー!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 

  



マイスタイル・オンライン 6 模擬戦終わりて?



 休み、話し、別れを告げてなお興奮の冷めやらぬ体を優しい風が撫でるように流れていく草原にて。
 俺は訓練場を出ていったカルビーとタクのことを寝ころびながら思い返していた。
 火属性魔法と剣術に特化しているだけのことはある実力者だった。
 きっと他のゲームにて経験を積んできたのだろう。
 いまだにマテリアル経験値じゃないプレイヤーとしての経験値――EXPを1も稼いでいないというのに玄人じみた強さであった。

続きを読む


スポンサーサイト


 

  



マイスタイル・オンライン 閑話 小技が見つかっていなかったわけ



「ひゃー、俺なんかさんざん燃やしてたのにまだLv5だぜ!? あー、俺もやっときゃよかった。もう修正されてんのかよ」
「まさかこの短期間に仕様の穴を見抜くいていたとは。不正だとはいわんが……あくどいな」

 模擬戦の前にそよ風パンチ連打によってマテリアル経験値を稼いでいることを告げておいた。
 こっちのマテリアルがすべてLv1と思われていると手加減されたりしてつまらないことになりそうだったからな。
 ちなみにどちらがカルビーのコメントでどちらがタクの台詞だったのかはわかるよな。



続きを読む




 

  



マイスタイル・オンライン 5 現代の武士と火の申し子とのフラグ



 セバスチャンとのチュートリアルを終え、俺は"訓練場"の一つである名もなき草原フィールドに移転してもらった。
 オリジナルスキル開発用の設備には十数種類のフィールドを用意されていて、火山の麓に浜辺、ジャングルに砂漠とあって、さらにモンスターが湧くか湧かないかを選択できるようだった。俺は、風を試したかったので何のひねりもなく草原にしておいたが。ちなみにここのモンスターを倒したってドロップがないだけではなく一切経験値が手に入らないらしい。マテリアルだけは使えば経験値は溜められるそうだけど。
 そして、俺は草薫る大地に舞い降りて――

「なっ……避けろぉぉぉぉぉ!」

 ――視界を真っ赤に染める激痛に転げまくることになった。

続きを読む




 

  









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。